発音から始める中国語

「中国語は発音よければ半ばよし」と言われています。
これは中国語を初めて学ぶ人にとって、最大の難問が中国語の「発音」であるからです。

”発音重視”
未来の貴方が中国語を話した時「发音真好!!」「你是北方人吗?」(発音が本当にキレイですね。北の方ですか)と現地の人から違和感がないレベル中国語と思われないような中国語を喋って頂くのが当教室の目標です。
 ただし中国語をマスターする為の最初の難関が、405個の発音に加えて四声という声調の組み合わせで構成される発音の問題です、日本人は51音の発音の中で生きていますから、音を覚えても「どこに使って」「どこに使わないか」「いつ使うか」が分かりません、それ故に初めて中国語を学ぶ人にとって ”発音” こそが中国語マスター最大の関門と言えます。
 中国語をマスターした多くの人は『中国語 発音よければ 半ばよし』と言いいます、逆に言えば発音の使い方をマスターすれば後は楽だと言っても良いと思います。
 当教室では、長年の指導経験から感じたり実践したノウハウで、外国人が中国をマスターし易い方法で”発音”を乗り切れるレッスンを行います。